ELK

ELK

ELK

ELK

ELK

ELK

ELK

ELK

ELK

ELK

ELK

ELK

ELK

ELK

ELK

ELK

ELK

ELK

ELK

ELK

ELK

ELK

ELK

ELK

elk

何気ないシンプルな言葉とイノセントなスピリットとゆったりとしたビートで、せわしなく現代に生きる我々の心の痛みや夢や祈りをELKの歌う歌は代弁してくれている。
もしブルースが音楽の形式ではなく、人が心の内に抱えている寒さに語りかける音楽ならば ELKの歌は紛れもない現代型のブルースであり、きっとあなたの凍えたハートを温めてくれることだろう。
鳥井賀句(音楽評論家)


仕事を終え、やってられないと思い飲むのと、今日のため明日のために飲むのとは違う。望んで歩く道には[覚悟]がある。エルクはそれを唄っている。
Shake your hips!!
( 東京 下北沢ARTIST オーナーShall )


gotop